« 景気底打ちか? | トップページ | 新湊南部地区PTA連絡協議会 »

2009年6月19日 (金)

臓器移植法のゆくえ

臓器移植法改正案のA案が衆議院を通過した。各党は党議拘束をかけず議員の判断、自主投票としたとのことである。A案の採決結果は、賛成263票、反対167票、欠席・棄権47(議長、欠員2で定員480人)です。

この結果をどのように考え、如何見ますか。臓器移植は、人間の尊厳とその国の宗教感や生死に関する人生観や個人の生い立ちによって違いがあるものと思われますが・・・。難しいですねぇ。臓器移植で助かる命。しかし、現在の日本は何かと制約があり外国、特に米国で臓器移植手術を受けているようです。最近では氷見の松原さんの例が記憶に新しい所です。私は募金に協力すると同時に臓器移植法改正に関する要望書にも署名しました。

色々問題があるようでうあが、臓器移植で助かる命と臓器を提供する側の合意のあり方が問題ですが、特に提供する側の「脳死」を「死」と判定するのか、家族の同意の取り方等様々な人間模様の問題が起きてくることが予想されるようです。だから、こんなに問題になっているように思えます。

参議院でどのように審議され、この法案のゆくえはどうなるのであろうか。会期は1ヶ月余り。衆議院はいつ解散があるか分からない状況であり、参議院の集中した審議を期待したい。臓器移植で助かる命を、如何に助けてあげるかの1点に絞り、良い法案をつくりあげていただきたいものです。いたずらに、各党の闘争道具としないで、人間の「命」に関わる大変重要な法案です。

本日、射水市議会が午後2時から本会議で議案の採決をして閉会します。各常任委員会に付託された案件は、可決であり、本会議では委員長報告を受けて議決をしていきます。射水ケーブルテレビで中継いたします。ご覧ください。

« 景気底打ちか? | トップページ | 新湊南部地区PTA連絡協議会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 臓器移植法のゆくえ:

« 景気底打ちか? | トップページ | 新湊南部地区PTA連絡協議会 »